社会保険労務士法人ティグレのお役立ちコラム

定額残業代について   [2013.03.04]

会社の定める所定労働時間を超えて働く場合には、残業代の支払いが必要となってきます。また法定労働時間を超える場合には、割増賃金の支払いも必要となります。

残業代の支給方法として、一定の時間数、金額を予め定めて支給する「定額残業代」という制度があります。この制度を導入するメリットとして、事務処理負担の軽減や未払残業代問題に対する抑制になるという点があります。

ただ、この制度を導入するにあたっては、就業規則や賃金規定等に賃金のどの部分が所定労働分の賃金で、どの部分が何時間分の時間外手当相当分の支払であるかがわかるように明確に記載し区別する必要があります。

賃金規定等に特に定めがないものの会社としては営業手当に割増賃金相当額が含まれていると考えて支払っていただけでは、法的には割増賃金相当額は含まれていないことになってしまい、実際の時間外労働等に対する法定の割増賃金全額を支払う必要が出てきます。

また、定額残業代を超過する場合には、差額の支払い義務が生じてきます。

例えば、毎月20時間分の残業代を定額で支給している場合に、実際の残業時間が30時間であった時には、30時間-20時間=10時間分の差額を支払う必要があります。

定額残業代は、便利な制度ではありますが、上記の様な点に留意して導入するようにしてください。

 

最新記事

カテゴリ別

月別記事

サービス案内

お役立ちコラム 新着記事

社会保険労務士法人ティグレ

  • 東京
  • 〒160-0023
  • 東京都新宿区西新宿6-12-1
    パークウェストビル10F
  • 電話:03-5321-6346
  • FAX:03-5321-5724
  • 大阪
  • 〒540-0012
  • 大阪市中央区谷町2-6-4
    谷町ビル8F
  • 電話:06-6943-9338
  • FAX:06-6943-9339
  • 名古屋
  • 〒460-0002
  • 名古屋市中区丸の内1-17-29
    NFC丸の内ビル9F
  • 電話:052-205-7209
  • FAX:052-205-7206
  • 福岡
  • 〒812-0038
  • 福岡市博多区祇園町4-60
    博多祇園プラザビル6F
  • 電話:092-273-2880
  • FAX:092-273-2881

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

ティグレグループ リンク